2016年09月22日

新海誠さんの映画『君の名は。』を観てきた。

実のところ、付き合っていた彼女との、『君の名は。』感想トークをきっかけに、
突如として別れ話を切り出され、連絡を拒否されたまま今に至っている。

誰だよ、観たら結婚したくなる作品とか言ってた奴

そういう個人的なトラウマもあって、正直なところ、作品を正当に評価できない。

だから、「ココが良かった!」とかを語るには、どうも気分が乗らない。

----------------------------------

ともあれ、『君の名は。』がここまでの話題作になっていることは、
新海誠ファンの1人として純粋に嬉しく思っている。

もちろん、息を呑むほど綺麗な映像と音楽も魅力のひとつだけれど、
ストーリーだって、登場人物だって、すっごく魅力的だ。

『君の名は。』は、監督・脚本の新海誠さんご自身による小説版と、
もう1冊、加納新太さんという方による外伝小説が出版されている。

小説 君の名は。 (角川文庫)
新海 誠
KADOKAWA/メディアファクトリー
2016-06-18








外伝小説では、勅使河原や四葉、あるいは三葉の父といった人々に焦点が当てられる。
映画本編に登場するキャラクターや、糸守という舞台を深く掘り下げた作品だ。

本編を十分に楽しんだけど、まだ想いを消化しきれない人にこそ読んで欲しい。

----------------------------------

ところで、外伝小説を執筆した加納新太さんという方。
新海誠作品のノベライズ版は今回で4作目と、半ばお馴染みの方でもある。

秒速5センチメートル one more side [単行本]
ほしのこえ あいのことば/ほしをこえる [単行本]
雲のむこう、約束の場所 [単行本] 

普段は(?)、小説家として、漫画やアニメ、TCGのノベライズ版を主に執筆されている。

今回の『君の名は。』では、脚本協力としてスタッフロールにも登場しており、
ただのノベライズ版作者、を超えて、より密に作品にコミットしていたようだ。


加納新太さんが脚本協力で携わっていると知って、
『君の名は。』に感じた、うまく言語化できなかった魅力の1つが腑に落ちた。

世界はイマ、ココ、2人だけでは回らない、ってことだ。

----------------------------------

加納新太さんの魅力が最も発揮されてるのは、
彼のブログ記事 「ドラクエ6」が本当に目指したもの だと、勝手に思っている。

ドラクエ6の世界で「語られなかった謎」、あるいは物語のスキマを、
加納新太さんが想像力をめいっぱい拡げて、推理(ないしは空想)している。

ドラクエ6をプレイしたことのある人だったら、
まずは何も言わずに先のブログ記事を読んでほしい。

当ブログは一刻も早く閉じよう。


加納新太さんが先のブログ記事でやっているのは、
語られなかった物語の空白を想像して、世界の謎を解き明かす、とてもワクワクする作業だ。

このNPCは、どうしてそんな行動をとったのか?
このイベントには、どんなメッセージが込められているのか?

プレイヤーが体験する、もやもやの向こう側を1つ1つ立ち止まっては考えて、
そうした「あ、そうか!」を積み重ねていくことで、自分だけが気づける世界の秘密に迫る。

人生で最初にプレイしたドラクエが6だった私にとっては、
彼が真の姿を明らかにしていくドラクエの世界が、まるで麻薬のような快感だった。


ドラクエ6をプレイしたことがない人には、「何のことやら」かもしれない。
そういう方にも、私の感じた興奮がちょっぴりでも伝われば、それでいい。


彼のドラクエ6ブログに言いようもない快感を覚えた同志諸君には、
「ゲームをする体験」と「ゲームの物語」の関連性について書かれた、

サマルトリアにいかづちの杖
【ドラクエ3】さばきのつえが愛しい
大人になってからプレイするドラクエ4
【ドラクエ・ロト三部作】ローラ姫と精霊ルビスの謎

などのブログ記事も読んで欲しい。ドラクエの世界観への深い愛情を感じる。


残念ながら、新海作品の他は『ハヤテのごとく!』しか知らないけれど、
加納新太さんにノベライズ化される原作は幸せだろうな、と、心から思っている。
 
----------------------------------

『言の葉の庭』も、『秒速5センチメートル』も、『ほしのこえ』も、
結局のところ、恋に落ちた1組の男女の物語だ。

イマ、ココに2人さえいれば、世界は回る。
雨も、桜も、宇宙人も、みんな背景でしかない。

そういった背景装置を通して2人の感情を描くのが、新海さんの魅力でもある。


けれども、『君の名は。』の世界は、瀧と三葉の2人だけじゃない。

瀧と三葉の2人に焦点を当てながらも、
2人の外側にある関係(それこそ”ムスビ”)を、すっごく大切にしている。

小説版の『言の葉の庭』にも若干似たようなことを感じたけれども、
『君の名は。』はそれ以上に、生きている世界のうえで語られる物語に思えた。


三葉と四葉の父親なんか、最たる例だ。
映画では一切語られなかったけれど、彼には彼の歴史と物語を感じさせる。

もっとチープな例を挙げるならば、「ユキちゃん先生」だろうか。
新海誠さんの前作『言の葉の庭』を知っている人なら、
彼女がなぜ糸守にいるのか、孝雄とはどうなったのか、想像せずにはいられない。 

----------------------------------

そして、『君の名は。』の世界の語られない裏側に、
確かな奥行きを与えた原動力こそ、脚本協力の加納新太さんなのかもしれない。

新海さんの広げた世界観が、加納さんの手によって深みを増していく。

それこそ、堀井雄二さんが広げたドラクエの世界観を、
加納さんが想像力豊かに解き明かしていったように。

私には「脚本:新海誠・加納新太」にさえ思える作品だった。


結局のところ、私がトラウマを棚に上げ、ダラダラと長文を書いてる動機は、
『君の名は。』に託けて、ドラクエ記事を紹介したかっただけだったりする。

それでも、 世界の謎を解いていく快感は、癖になる。

そして、『君の名は。』は、これまでの新海作品でいちばん、謎を解きたくなる物語だった。 

この記事へのコメント

1. Posted by まさ   2016年10月01日 00:33
彼女さんとケンカした理由が気になってしかたないゾ
2. Posted by ふたばあおい   2016年10月03日 13:35
うーん、今も引きずってるので流石に勘弁してくださいw
まあ、新海作品の魅力が映像と音楽にあることは万人が知ることですが、
ストーリーに無批判に感動できるような感性に愛想を尽かされたのかもしれません。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字