2014年06月08日

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略 (NHK出版)という本が一昔前に話題になった。

ネット社会の今後を予測した、「フリー」「シェア」「パブリック」の3部作の1冊だ。

恥ずかしながら、 「話題になった」ことは知っていても、
つい昨日まで実際に読んだことはなかった。

なんとなく「ビジネスって胡散臭い」と毛嫌いしてる体質だからかもしれない。


偶然、『シェア』の編集をされてた方の講演を聞く機会があって、
その中で「Sharing Economy」という話が出てきた。


例えば、アメリカの半数以上の家庭は、電気ドリルを持っているらしい。

でも、電気ドリルを使う機会なんて数年に一度。
ほとんどの場合、一度使ったら物置でホコリを被ったまま。

「だったら、みんなで共有すればいいじゃない!」というのが、
『シェア』で語られる、「Sharing Economy」の考え方だ。

「モノ」を減らせるから環境にもいいし、みんなが得をする。


例えば、空き部屋が1部屋あったとして。

そこに(ちょっとした)宿泊料を取って、旅行客を泊まらせたら、
空き部屋を有効活用できるし、双方ともにwin-winだ。



1つのモノを、みんなで共有して使えばいい。

使わないモノ同士を、みんなで交換すればいい。

モノだけじゃなく、知識や時間も共有すればいい。


「シェア」する方が、お財布にも環境にも優しい。
そのうえ、人とのつながりまで産まれる。

コレが「Sharing Economy」の考え方だ。




実は、この話を聞いてボクは既視感を覚えた。

というのも、ボクの大好きな小説の1つが、
『シェア』の世界をそのまま物語にしたようなお話なのだ。
(ちなみに、単行本版は2008年発売。『シェア』よりも早い。)


この小説に出てくる登場人物は、誰もが『シェア』に生きている。

もちろん、『詩羽のいる街』は、小説版『シェア』 で終わる物語じゃない。
他にもいろんな側面を持っているんだけど、それはまた別のお話し。 



「詩羽のいる街」こと、賀来野市では何が起こっているのか?


カーシェアリングや、パソコンの知識の教え合いは当然。

『シェア』に出てくるレンタル農地を実践している人もいて
その農地で作ったネギが、わらしべ長者のごとく交換されていく。

漫画家志望の学生が(30食タダって条件で)レストランの看板を描いたり。

果てには、小学生がトレーディングカードで三角交換を成立させたり。


街中の人が互いに助けあって生きている、善意が流れる街なのだ。 



この街の『シェア』 は、「詩羽」という1人の女性が人と人を繋ぐことで始まった。


「人に親切にすること」が仕事だという詩羽は、

「だって、その方が論理的じゃん」という理由で『シェア』を街中に広げる。


「そんな理想論、実現するはずが無い」と思うかもしれない。

でも、今やSNSによって人と人とが繋がるようになった。


もちろん、詩羽が担保する信頼を、ネットがどう担保するのかって課題は残る。
SNSの「見えざる手」じゃ、詩羽のように鮮やかに人々を繋げられないかもしれない。

だけど、それでも既にいくつかのシェアは実現している。


時代が詩羽に追い付いてきたんだ。



「だから愛とか正義なんて関係ないです。そんなお題目で人間は動かせません。
 協力しあう方は得だって気づかせればいいんです」 



きっとコレが、これから始まるSharing Economyの基本原理になるんだ。

ボクらは、詩羽から学ぶべきことが山ほどある。 



詩羽は現代に実在する。ただしネットの中。

詩羽という女性に惚れ込んでしまったボクには悲しい事実だが、
それはそれで、SF作家である山本弘っぽい。


2014年04月27日

Prezi Night Tokyo Vに参加してきた。

Preziというのは、PowerPointやKeyNoteのスライド形式に変わる、
新しい形式のプレゼンツールである。

詳しくは「Prezi」でググって実物を見ていただければ嬉しい。
(幸い、Preziを褒め称えるネット記事はこの世に結構溢れてる。)


今回は、Prezi Night というPreziの勉強会に参加して、
ボクが思ったこと、考えたことを書いてみようと思う。

題して、「やっぱりPreziってすげぇじゃん!」だ。

後述する「Prezi批判」へのボクなりのアンサーでもある。


さて、Prezi Nightに参加するにあたって、
新世代のプレゼンツール「prezi」-あえてデメリットを語ってみるという記事を書いた。

コレは、ちょっと斜に構えたいお年頃なボクが、
(ホントは大好きな)Preziのことをあえて批判してみたものだ。

たぶん、Preziのデメリットを全面に押し出したのはボクが日本初だとと思う。
(その割に、該当記事へのアクセス数はほぼゼロだったのだが…)


前回の記事で、要領を得ない言葉で批判したのは以下の3点。

(1) 編集が難しい
 …操作性が悪い
 …日本語入力がトラブる。
 …日本語入力がトラブる。

(2) 情報伝達が遅い
 …場面の切り替わりが早すぎる
 …1つの場面で提示される情報量が少ない
 …全体像を生かしきれてない
 …アニメーションのテンポが悪い

(3) 聞き手を無視してる
 …配布資料や質疑応答に適していない
 …長時間の話に向かない。

以上の問題点が、大学のゼミ発表や学会発表のような、
アカデミックな場面から出てきたことは、少し念頭に置いて欲しいかもしれない。



さて、Prezi Nigthに(ぼっちで)参加してみて、
ベテランPreziユーザーの話を伺ったり、実際のプレゼンを見たりして、
上記の3点についての、ボクなりの解答が出たので紹介しておこう。

もちろん、以下の話も「アカデミックな場面でPreziを使うには?」を前提にしてる。

アカデミックな場面からパワポを駆逐できれば、いよいよPreziの天下だろう。
だから、あえて仮想敵として設定しているところもある。



(1) 編集が難しい

諦めるしか無い。

日本語入力に限らず、Preziの操作性には課題がある。
が、コレはユーザーの側がなんとか出来る問題でもない。



『Preziで始めるズーミングプレゼンテーション』の著者である筏井さんが仰ってた、

「Preziは慣れれば慣れるほど、操作しててじれったい」

という言葉が全てを物語っている気がする。


強いて言えば、日本語ユーザーが増えれば少しはマシになるのかも。



(2) 情報伝達が遅い

結論から言えば、話し手のスキル次第で解決可能だろう。


「Preziの情報伝達が遅い!」と私が感じた理由は、
結局のところ「場面の切り替わりが早過ぎる」という点にありそうだ。


どうやら、Preziの世界には、
「1つのパス(≒1つの場面)につき30秒」という目安があるらしい。

一般のスライド形式のプレゼンだと、
「1つのスライドにつき40秒~2分」といったところだろうか。


スライド形式に慣れていると、Preziの場面展開が早すぎて、
処理する側のスピードが追いつかなくなる(のかもしれない)。

あるいは、早い場面展開のために、1場面あたりの情報量が少なくなり、
そのうえ、少ない情報を異様に小出しに提示されるから、
うざったいアニメーションとも相まって、情報伝達が遅くなる(のかもしれない)。

でも、Preziとはそもそも、そういうツールなんだと思う。

PPT世代の方には「この処理速度に慣れて下さい」という他無いかも。

それでも、話し手の側で十分にカバーできるレベルにも思う。
(間のとり方、聞き手との双方向のやりとり、などなど。)


ただ、PPTが「スライドだけ見ても分かる」ものが多いだけに、
ネット配信できるPreziこそ、話し手の技術だけで誤魔化し切るのではなく、
「Preziだけ見ても分かる」レベルには、情報の解像度を保ったほうがいいのかも。



(3) 聞き手を無視してる

この問題はビジネスマンの方もPreziを使用してぶち当たる壁らしい。
だが、これは準備に相当以上の時間をかければ解決出来そうだ。


Preziには配布資料がない。そういうものだ。諦めるしか無い。
「Preziは聞いて分からせるもの。配布資料を配ったら負け。」なんて声もあるそうだ。

とはいえ、「配布資料を別に作る」くらいなら何とか可能だ。
PPT形式なり、レジュメ形式なり。ココはまだ研究途中だ。
いずれにしても何かしら「Prezi以外の」手間を惜しまなければ解決できる。


質疑応答もまた然り。

質疑応答を呼ぶためには、最終スライドを「まとめ・総合考察」にするのが鉄則。

では、Preziではどうするか?
たぶん、同様に「まとめ・総合考察」を最後に映して終わるべきだろう。

とはいえ、それだけじゃ少し足りないかもしれない。

質疑応答にあたって内容を「思い出してもらう」ためには、
やっぱり配布資料を配る意義は十分にあると思う。
(もちろん、「アカデミックな場では」だけど。)

パワポやレジュメで別に作る手間が嫌なら、Preziの全体像でも十分だ。

例えば、スクリーン上の「まとめ・総合考察」の他に、
手元にPreziの全体像を1枚カラーで配っておけば、質疑をしやすくなる。

必要なのは「全体の流れがわかる」配布資料だと思う。
(あとは、重要キーワード・ポイントだけでも載っていることだろうか?)

ところで、ボクは必ず「全体像に戻って」Preziのプレゼンを終わってた。
コレは、「まとめ」で締めず、重要ポイントを参照しにくくした点で問題だったかも。


「全体像に意味を持たせる」「全体像を見て話の流れがわかる」点は、
Preziだと結構疎かにされているような気がする。

Preziユーザーの場合、
・フレームを順番に並べただけで、全体像に何の意味もない(から、そもそも見せない)
・全体像としてテンプレ通りのモチーフ(宇宙とか木とか)が使われてる
の2パターンで9割を占める。

前者は、個人的には論外だと思っている。
もちろん、「仮に全体像を見せるなら」という留保付きではあるけど。
(でも、全体像を描けないプレゼンって、聞いてて伝わると思ってるのかしら?)

後者は、通常のプレゼンだったら大いに推奨されるだろう。
ただ、アカデミックな場面になると、全体像のモチーフも内容と絡んでることが望ましい。
だから、ココで妥協しないときは相当以上に試行錯誤を重ねなきゃいけない。


「全体像の描き方」は、Preziユーザーの永遠の課題の1つじゃないだろうか。

もちろん、全体像を提示しないでPreziでのプレゼンをやり切る方も意外と多い。
そして、結構サマになっていたりする(パワポで見慣れてるので、特に違和感はない)。
ひとつのデザイン戦略としては十分以上にアリだと思っている。実際カッコいいのも多い。

とはいえ、「最後に全体像を提示して、コレまでの話を全て繋げる」ことにも相当魅力を感じる。
(もちろん、アカデミックな場では「全体像をあえてスクリーンに出さない」べきなのは前述の通りだが。)

個人的には、Preziのメリットは「流れを可視化できること」だと思っているだけに、
ココはPreziユーザーとして妥協したくないラインである。


色々述べたが、つまりは「聴衆のためにどれだけ手間を惜しまないか?」だと思う。

PPTを使ってれば、ここまで考えなくても良い。
Preziを使ってるなら、ここまで考えないとカッコ悪い。

だから、Preziでのプレゼンは相当な事前準備が欠かせない。




さて、コレらを踏まえて、どうすれば改善できるのか。
Preziの作成時に工夫できることを、何点か書いてみようと思う。


・アニメーションの「回転」は使わない(使っても少し角度を変える程度)
  回転は酔う。

・アニメーションの「ズーム」を多用しない
  ズームだけが強調の手段ではない。 細かすぎるズームはテンポを落とす。
  テキスト部分の強調は、色を変えたり下線を引いたりでも十分に可能。 

・Preziだけ見て理解できるプレゼンを作る
  ネット公開ができるのが特徴な以上、トークがなくても理解できるPreziでありたい。
  「スライドが主、トークが従」というのは、Preziになっても変わらない。

・いちばん引いた全体像を意識する
  パーツの寄せ集めを提示してるだけじゃ、Preziとして面白くない。
  ゼロから作るより、最初はテンプレートそのままがオススメ。

・ Preziを布教して、数の暴力でもって日本語環境の改善を求める
  数は正義。 

・配布資料の一手間をかける
  ネット配布にプラスして、Preziの全体像なり、パワポなり、レジュメなりを手元に配る。
  ポイントは「全体像が分かること」にある。

あ、6個でなんかキリが悪いからもう一つ。

・積極的にPreziでプレゼンを作って、フィードバックをもらう
  習うより慣れろ。そして、聞き手の声が一番参考になる。



と、Preziのアカデミックな利用について色々考えてみたが、 
おそらく、ボクが今後アカデミックな場面でPreziを使うことは無い。

上記の話は、いずれもPowerPointだとより簡単により早く処理出来るからだ。

そして、ボクはプレゼンターである前に1人の学生だ。
プレゼンを仕上げるより、学術的な部分を深めるために時間を使いたい。

実際、つい先日Preziで行ったゼミ発表では、
プレゼン技術よりもむしろ、学術的な面での至らなさが目立つ結果になった。

だから、Preziはハイコストローリターンすぎる。
この世にはパワポで開き直ったほうがいいこともある。

この記事だって、Preziにしたらすっごく分かりやすくなるはず。
でも面倒くさい。コストが掛かり過ぎる。せめてスライドで勘弁して下さい。


とはいえ、ボクはPreziが大好きだ(ついでにPowerPointも大好きだ)。
今もプレゼンを実際に作って、発表してみたくってたまらない。

「伝える」ということに非常に魅力を感じてるんだと思う。

数行前の「アカデミックな場でPreziを使わない宣言」も早速覆したい気分だ。


いつか、アカデミックな場でも思う存分にPreziを使ってみたい。

できれば、それまでに多少は日本語環境も改善してるといいのだけれど。 

2014年04月23日

preziというプレゼンツールをご存知ですか??

「プレゼン?パワーポイントのことでしょ?」って方、結構いらっしゃるかと。
でも、パワポの紙芝居形式だけがプレゼンじゃないんです。

百聞は一見に如かず。まずはpreziでつくられたプレゼン資料を御覧ください。


いかがですか?
よくあるスライドと違って、ズームするアニメーションが新鮮だったと思います。

一見ついでにもう一つ、今度は日本語のをご紹介。


preziのメリットは、もう見てもらえれば分かるかと思います。
pptでは表現できないダイナミックなアニメーションで、聴衆の目を引くこと間違いなしです。

もち、無料です。



さて、ココまでは導入です。

このprezi、ネット上じゃ「新世代のプレゼンツール」とベタ褒めされてますが、
個人的には「そうでもないなぁ~」って印象を抱いています。

preziを使ってみて感じたデメリットは以下の3点。

(1) 編集が難しい
(2) 情報伝達が遅い
(3) 聞き手を無視してる


一応、小~中規模でのプレゼンの大会で優勝した経験も何度かありますし、
そこまで的はずれなことを言ってないはずです。たぶん。(うち一度はpreziを使って優勝しましたw)


上記のデメリットを1つずつ見ていきます。

【4/26追記】
これらのデメリットについて、自分なりに答えが出たので記事にしました。
以下は要領も得ないので適当に読み飛ばして、別記事の方をお読み下さい。


(1) 編集が難しい

普通のpptと勝手が違うため、編集に慣れるまでが一苦労です。
pptより使える機能が少ないので、慣れるのは結構早いかもですが。
それでも、アニメーションが多くなってくると設定が非常に面倒です。

ところが、もう1点「日本語入力がトラブりまくる」って問題があるんです。

というのも、日本語入力中に何故か、
・英数字入力に切り替わってしまい、かな変換できなくなったり、
・かな入力できるけど、「た」が「tttttったaaaa」みたいに入力ミスが起こったりします。

元に戻すには、しばらく時間を置いてみなきゃいけません。
プレゼン編集を一旦終了して、prezi画面を更新したって回復しないことも。

このバグのせいで、日本語入力に通常の3倍位の時間がかかってしまいます。


(2) 情報伝達が遅い

本記事で最も伝えたいのはココ。

以下の4点は、ほとんど同じことを言ってます。
つまりは「アカデミックな場にはpreziは不適切」ってことです。
私自身の大学でのゼミ発表での経験や、学会でpreziの発表を聞いた方の声がソースです。


・1回の画面表示で映る情報量が極端に少ない
 ・・・画面だけ見てもキーワード程度しか分からない。
  ⇔ ppt:「スライドを見れば話が分かる」ことが必要要件。

一場面あたりにかかる時間が短い
 ・・・次々に場面が切り替わるため、内容理解に費やせる時間が短くなる。
  ⇔ ppt:口頭説明もに(割こうと思えば)時間を費やせる。

・1回の画面表示で映る情報に強弱がつけにくい
 ・・・preziはズームで情報を強調するが、瞬間では平坦な画面構成に
  ⇔ ppt:1つのスライド内に太字・下線・イラスト・アニメーションなどの変化を入れやすい
 
・アニメーションがうざったい
 ・・・preziのズームは、聞き手にとって変な間ができてしまいテンポが悪い
  ⇔ ppt:無駄なアニメーションを極力排した、テンポの良いプレゼンも可能


一度に提示される情報量(密度・バランス)を上手く制御できていない結果、
逆に単調な印象を与えたり、変に中身が薄かったりするのがpreziの注意点かと。

preziの実際の例なんかを見ていると、
ズームしても一瞬で終わっちゃって無駄に思えてしまうことや、
ズームした先で、長い文章だけが映し出されて読む気を失くすことが多々あります。

preziのインパクトや注意を惹きつける力は、それらの欠点を補って余りあるのですが、
アカデミックな場になると、情報伝達の効率が悪いのは致命的。
間延びする印象を拭えませんし、無駄だらけです。。。


アカデミックな場にも耐えうるpreziを、私は未だ見たことがありません。


別にpreziでも対処可能だと思うんですけど、pptで解決する以上の労力が必要に。
まぁ、pptはいろんなノウハウがネットに出回っていますからねw 
preziは、まだそのあたりの研究がなされていないだけかも。

preziデザインの上手な方は、上記の問題をそれなりにクリアされてることもあります。
先のブックレビューのpreziは、場面ごとの情報量とメリハリが適切で素晴らしいと思います。
でも、それは少数のベテランpreziユーザーの為せる業。あるいは高等な話術でカバーしてるか。
普通にpreziでプレゼンを作ってたら不可能(といってもいいレベル)です。

とはいえ、preziの「全体の構造を俯瞰するデザイン」は、アカデミックな場でも非常に有効でした。



(3) 聞き手を無視してる

preziによるプレゼンは、pptと違ってインパクトが有ります。見てて新鮮です。
ですが、実はそこまでオーディエンス・フレンドリーでも無い気がします。


・疲れる
 見てて酔ったりします。ぐるぐる動くので、前の内容とのつながりも実は追いにくいです。
 回転とかのアニメーションは、インパクト以外の効果は薄そうです。そして結構すぐ飽きます。
 画面が次々切り替わって、内容を噛み砕く余裕が無いのも理由の1つかも。

・情報参照性が低い
 preziは手元に資料を置くことを想定してないってだけです。
 あくまで観客が見てるのは話し手だけ。伝わるのは情報じゃなくメッセージです。
 だから、情報を伝えることが重要な場面では聞き手の理解が進みません。
 
・質疑応答に繋がりにくい
 質疑応答ではスライドを戻るのが普通。
 というか、「スライドに対して」質問が飛びます。話した内容じゃないです。
 その点、preziだと質疑応答に必要十分な情報量を、かつ即座に提示するのが難しくなります。
 スライド番号の概念が無いのも一因かもしれません。


どれも「pptに比べれば」ってだけで、preziで解決不可能な話じゃないです。
が、preziに起こりがちな事例であることもまた確か。

いずれも、長時間のプレゼンで特に起こりやすい事例な気もします。
普通に使ってたら、あんまり感じないデメリットかも。



…と、色々とpreziのデメリットなんかを語ってみました。

いや、prezi大好きですよ。普段からよく使います。
なんてったってインパクト大きいですからね。覚えてもらえますし。

ちょっと斜に構えてみんなと違ったこと言ってみたいお年頃なんですよ。ご容赦下さい。
アカデミックな(30分以上話す)場で試してみたからこそ、見えてきたことだと思います。

今後も、アカデミックな場以外ではpreziを積極的に使っていこうと思います。



prezi、気になった方は是非使ってみてください。
preziの使い方を説明したpreziも紹介しておきますね。





私の経験から言えるのは、以下の3点です。

・preziの日本語入力のバグはなんとかして欲しい!
 -いや、ホントに。お願いしますよ。
 
・preziユーザーは「新鮮さ」「インパクト」に頼ってることを自覚しよう!
 -情報伝達の非効率さもpreziの特徴。いつでもpreziが最適解とは限らない。

・preziでのプレゼンは15分以内に押さえよう! 
 -長時間だとインパクトが薄れるうえ、内容の薄さが目立ってしまう。


そんなわけで、今週末はprezi night ⅴってのに参加する予定です。

いろんな方のpreziプレゼンを見て、
ボクが見えていないpreziの可能性と限界を見極めてきます。



【追記】
Preziについてのボクの見解は、この記事から数日もしないで少し変わっています。
この記事は 「昔のオレはこういうことを考えてた!」って証拠に残しておきますが、別記事の方も是非。

やっぱりPreziってすげぇじゃん!-「Prezi批判」へのアンサー